単位認定留学体験記

松村佳奈さん

渡航期間 : 2019年9月初旬 ~  2020年2月下旬
受講クラス:アカデミックプログラム レベル6=AP6 (IELTS5.5相当)

留学しようとしたきっかけは?

高校生の時から留学への憧れがあり大学の間に留学に行けたらいいなと思っていました。大学二年生の春休みに友人から誘われた三週間のニュージーランド短期留学に参加した事がきっかけで今回の長期留学を決心しました。ニュージーランドから帰国後、海外は私にとって新鮮で楽しい!一人で海外に挑戦したい!長期で留学したい!と強く思うようになり、両親に相談したところ、背中を押してくれました。

YUELIでの授業内容をおしえてください。

YUELIは様々な国の先生がいます。もちろん先生によって授業の特徴や発音アクセントが違いますが、どの先生に教わっても指導レベルの差は感じませんでした。YUELIはYork University English Language Instituteの略で現地の学生から親しまれ、大学の付属語学学校なので大学進学を考えている人向けの授業がメインです。初日にレベル分けのテストが行われました(全9レベルです)。大学付属の語学学校のため、アカデミックな内容をたくさん学びました。エッセイの書き方を学んだりチームプレゼンを通してディスカッションをしました。日本の授業とは違い先生が個人を指名して「これについてどう思う?」と聞かれることも多く、常に自分の意見を言葉にしてみんなに伝えるということを求められました。先生に対しての疑問があればすぐその場で聞き、常に話し合いのような意見が飛び交っており、日本の授業のような静かな授業風景とは全く違うものでした。個人の意見を求められるので、考える力や自分の意見を積極的に示す力が身についたと思います。

寮はどうでしたか?

寮はYUELIの目の前にあるのでとても便利です。寮は二重ロックだったので安心感があります。またフロントには寮の警備員と学生スタッフがいるため安全だと思いました。各フロアには洗濯機、乾燥機や共有ルームといった誰でも使える共有スペースがあるのでそこで友達と話したり遊んだりしていました。寮でのシャワーはシャワー室といった場所は設けておらず、トイレの奥に2つシャワーが設置されています。地面はタイル状なのですが、やはり日本とは少し違うので私はビーチサンダルを履いてシャワーを浴びていました。食事は2か月約800ドルのミールプラン(5月~8月末のセッションは付いていません)がついているので、大学内にある飲食店で食べていました。寮にはIHやガスがないので自炊をするのは難しいと思います。個人的にはポットでラーメンやコーヒー、お茶漬けを食べて日本食を楽しんでいました。

インターネット環境はどうですか?

大学内には無料Wi-Fiがあるので基本的には困らないと思います。地下鉄は日本と違って電波が届かないので使えません。町ではWi-Fiがあるお店も多いです。

現地での携帯電話使用はどうしていましたか?

私はカナダの携帯会社の一つであるFidoでSIMを購入しました。契約したプランは、1か月4ギガで45ドル(約3700円)でした。購入したSIMはお店のスタッフさんが手続きをしてくれるのでまかせておいて大丈夫です。ここでの注意点は日本にいる時にSIMロック解除をしておかないと現地でSIMを買ったとしても携帯が使えなくなるので注意しておいてください。メールは必ずGmailを使うようにしておいたほうがいいです。日本の携帯会社のアドレスはSIMを変えると使えないし、Googleアカウントを使うことも多いのでそのほうが便利だと思います。

交通網に関してはどうでしたか?

カナダの交通手段はTTCといった公共機関を使います。主に電車、バス、ストリートカーのことです。PRESTOというICOCAのようなカ―ドにお金をチャージして使います。またPRESTOに定期券を付帯する事もできます。TTCは日本のように距離で決まるのではなく、近くても遠くても一回乗車約3ドルでとても安いです。TTCは一度改札の外に出ても2時間以内だとその後の運賃は引かれません。つまり、一番初めに改札を通った時から2時間は3ドルで乗り放題です。 (これは電車→バス、電車→ストリートカー、バス→電車 等に乗り変えた時にも有効です。) 私は寮に滞在していたため、定期券は購入せずにPRESTOカードに現金をチャージして使用していました。

1ヶ月の滞在でお小遣いはどれくらい必要ですか?物価は日本に比べてどうですか?

1ヶ月は5万円程使っていた気がします。平日は遠出することはあまりなかったのですが、友達と外食や、土日の娯楽費用を考えると月に5万円ほどは使っていました。外食をした際にはチップが加わり、税も13%と高いので食費に関しては日本よりも高く感じました。

休日の過ごし方を教えてください。

最初の頃は友達とトロント内の観光ばかりしていました。またYUELIで遠足がありナイアガラの滝や遊園地、ミュージカル鑑賞などにも積極的に参加していました。ある程度参加した後は、友達と昼から夜ご飯まで図書館で勉強していました。

特に印象に残っている出来事を教えてください。

私事ですが、結構ハプニングが多かったです。寮の四階に住んでいたのですが、雨がひどい日に天井から雨漏りしてベッドが水まみれになりました。寮の管理者に取り換えてもらうよう申請しましたが、結局留学が終わる日までベッドが変わることはありませんでした。幸いにも替えのシーツが一つ余っていたのでなんとかしのぐことが出来ました。
 別の日には万引き犯に間違えられました。いつも行く大学内のカフェですでに買っていたブラウニーをポケットから出してしまいその瞬間だけを見た店員さんが「あなた取ったでしょ!」と言われてしまい15分ほど口論になりました(笑)。ですが、いつも行っているカフェだったため他の店員さんが「いつも買っているのも見ているし、大丈夫よ」と言ってくれたので助かりましたが、危うく海外で万引き犯として逮捕されるとこでした(苦笑)。帰る一週間前の出来事だったのですが、その時印象だったのは自分がこんなにも英語で戦えるというほど自分の語学力が上達していることに感動しました。

現地の治安や滞在中に気を付けることはありますか?

ヨーク大学付近の治安は比較的良かったと思います。ですがやはり海外というのは変わりないので、かばんを席に置いたままにしない、一人で電車に乗るときは寝ないようにする、といった最低限の注意はしていました。またダウンタウンの夜は特に気を付けていました。絶対に一人で歩かなかったし、友達と一緒にいるようにしていました。身の危険を感じたことは半年間過ごしていて感じませんでした。

英語力の向上はしましたか?

渡航前にTOEICでしか私はlistening力というものを試す機会がなく、まったく点数も高くありませんでした。全く英語耳というものが備わっていなかったと思います。頭の中での英語から日本語に翻訳している間に次の英語が聞こえてきて頭の中では大パニックということが多々ありました。現地の先生の授業内容も分からずに何回も聞き返したり、友達と「今先生なんて言ってた?」ということがとても多かったです。ですが、留学終了時には、まったく英語の聞こえ方が違って、なにより英語を瞬時に変換できるようになりました。先生の話していることにも、スッとこたえられるようになり、聞き返すことも断然少なくなっていました。

今後留学を考えている人にアドバイスをお願いします。

留学に行ってみたい!という人は多いと思います。ですが行動するかしないかでは大きな差があるのではないかと思います。もし行きたい!と思ってご家族の方も協力してくださるような環境があるならば、本当に行って頂きたいと思います。私も実際家族と話し合いを何回もし、半年間行くことが出来たのですが行ってからは語学力以外にも学ぶことがたくさんありました。留学生活は本当にあっという間に終わってしまうので後悔のないように一日一日を全力で楽しんでほしいです。初めての留学は色々なことに対して不安に思ってしまうかもしれませんが、積極性を忘れず行動することで有意義な留学生活を送ることが出来ると思います。今まで普通だと思っていたことも海外へ行けば普通ではないことが多いのでそういった新鮮味も楽しんでもらえると嬉しいです。
また、留学に行けば語学力は付いてくるだろうと思って私はあまり日本にいる時に英語の勉強をあまりしていませんでした。これから行く方には本当に少しでもいいから語彙力をつけたり、洋画をみてリスニング力をつけるなり予習は必ずしてほしいと思います。留学先で英語を学び始めると、英語に慣れるまでの時間がとてももったいないですし、なにより予習をする事で話せるレパートリーが変わるかと思います。留学を決定してから留学するまでは日本でリスニング力を鍛えてほしいと思います。

ありがとうございました。 YUELI で身につけた英語力を生かして、今後ますますご活躍されることを期待しています!

お申込み・お問い合わせはこちらから

Posted by yueli_japan